予知保全・設備監視

EMQuest-VA[振動解析装置]

振動センサで機器異常を遠隔監視

機器の振動周波数を解析することで、アンバランス、ガタ、基礎不良、転がり軸受損傷などの機器異常が発生しているかを、判定することができます。振動計測を行いリアルタイムに異常診断を実施する必要はないが、劣化状況を把握し予防保全を行いたいお客様向けです。

[例] 大型ビルの加圧・揚水ポンプ、ファン・ブロワー、歯車装置など

振動解析装置写真、FFT解析結果画面

特徴

色で表示と数値で表示アナログ・デバイセズ社の3軸MEMS加速度センサ(ADXL356)を採用して、低ノイズ密度(80μg√Hz)、高Gレンジ(±40g)に対応しています。

※周波数解析は、3軸のうちの1軸を選択して使用します
※センサは、ADXL1002なども今後対応予定です
※本製品は、アナログ・デバイセズ社と共同開発です


  • MEMS加速度センサを採用することで、低価格化を実現
  • 加速度を取得し速度とFFT(高速フーリエ変換)値を計算
  • 設定された閾値を超える振動を計測した時、接点(Digital Output)により警報を上げることが可能
  • 920MHz帯特小無線システムEcoQuestを接続して、離れた場所でも異常を知る事ができる
  • SDカードにデータを保存して、過去の状態解析も可能にし、警報があがる前後のデータだけを残すことも可能
  • PCを接続して、リアルタイムでFFT解析結果を表示できる

設置例

振動解析装置設置例

製品仕様

項目 内容
本体部サイズW96×H35×D145 [mm] (突起物は除く)
電源ACアダプタ(次バージョンにて単三電池対応予定)
動作温度範囲制御部 : -20℃~60℃、センサ部 : -40℃~105℃
防水機能なし
DIDODI1点 DO2点 電圧3.3V、
現在はCaution(DO1)とWarning(DO2)が発生時にDOが動作
DI
 入力回路 : フォトカプラ絶縁入力
 動作電圧 : 12~24VDC
 動作電流 : 24V/5mA 12V/3mA
DO
 出力回路 : フォトカプラ絶縁オープンコレクタ出力
 動作電圧 : 12~24VDC
 最大電流 : 2mA
LED4点(計測状態/異常状態/バッテリー状態/SD有無)
SDカードSDHC ※推奨 Class : 4 容量 : 4GB~8GB
センサ部加速度センサアナログ・デバイセズ社製ADXL356
周波数帯域X、Y、Z軸 : 50~1,500Hz ※選択した1軸のみ有効、PCから設定可能
測定範囲±20g
測定精度40mV±8%/g
温度係数±0.01%/℃
計測・解析1軸(X、Y、Z選択)の加速度を計測し、FFT解析を行う
データ算出ADCサンプリングレート106.2kSPS(固定)
FFT点数4,096点(固定)
平均化1~256点を設定可能
PC接続UART-USB変換ケーブルを用いてUSBでPCと接続
ポートレート9,600~230,400bps ※CR(0x0D)を入力することで自動接続
パリティなし
データビット8ビット
ストップビット1ビット
ピーク検出周波数帯を8箇所設定可能、閾値は2段階(Alarm、Warning)設定可能
記録モード常時記録/毎時記録/異常時記録の3モードをDIP-SWにより切替可能(他にPC接続モードあり)
データ保存加速度と速度の生データ及びFFT解析結果を最大31日間SDカードに保存する能
ログ機能本製品の障害情報などをログとしてSDカードに記録する


ご不明な点は、ご遠慮なくお問い合わせください。

ページのトップへ